雪の舎2
















雪の木々

                                             

        
                          

  白い静寂の大晦日
 
        

   月が雪景色を照らし シリウスやたくさんの星々が煌々と
  輝くなか 除夜の鐘を突きました。
        
         
   深く 森羅万象すべてに しみわたるような響きは 


  地球の新しいサイクルの始まりと 
   新しい年の訪れを告げていました。
        
        
             
    ゆらきでの初めてお正月

    お屠蘇で お祝いのさなかに
           村の氏神さまの お神楽を迎え

    笛や太鼓に合わせて舞う獅子  湧きあがるような源の喜び

    350年を経たゆらき舎の歴史が 透きとおっていくのを感じていました。


                                                                                                                                                
MOV_000028733



                                                  

「私は在る」は不動で、揺るがず、依存しない。
あなたが宇宙、自然と呼ぶものは私の自発的創造性だ。
何であれ、起こることは起こる。
だが、すべては喜びのなかに終わるのだ。
       
    

     ーI AM THATー ニサルガダッタ・マハラジとの対話より