ケヤキ















                                                                                ゆらきの大ケヤキ



   

   
    晩秋のゆらきに 木の葉が 舞っています。

   木の葉の舞いは まるで小鳥が飛んでいるのと 見紛うばかりです。
         
     天真爛漫に 遊び・・・
   

      夫とふたりで 木の葉鳥を目で追って  
                   もう2 時間は経ったでしょうか。

   
   静寂と冷気の訪れは  風花(雪)を呼んだようです。

                                        
   
落ち葉
       いま
   
   
        風花も 舞いはじめました。  

   ふたつの舞いを 贅沢に楽しんでいます。           

                                                       
                                                         

            

    

                                               
   生命の存在する場所とは どこでしょうかー?
   それは、「いま、 ここ」 です。
                      
         「世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え」   エックハルト・トール